投資信託の『信託財産留保額』って何?



投資信託の手数料としては、購入時にかかる「販売手数料」と、保有中にかかる管理手数料として「信託報酬」がかかりますが、もうひとつコストとして「信託財産留保額」がかかります。

この信託財産留保額とはどのようなものでしょうか。

信託財産留保額

信託財産留保額とは、投資信託を解約する際にかかる手数料のことを指します。投資信託を解約する際、他の投資家の為に投資信託内にペナルティとしておいておく、中途解約手数料のようなものです。

信託財産留保額のしくみ

信託財産留保額は、販売手数料などのように運用会社や販売会社の収益とならず、売却時のペナルティとして投資信託に残す財産をいいます。 みなさんのお金は、投資信託のなかで、株式や債券に形を変えています。ここから換金しようとすると、すぐにお金が出てくるわけではなく、株式や債券を売ってお金にすることが必要となります。ところが株式や債券を売却するには、手数料がかかったり、売りたくないタイミングに売って損をしたりと、様々な「費用」が発生します。この「費用」を、投資信託を持ち続けている人だけで配分するのは不公平です。そこで、解約する人は「ペナルティ」(=信託財産留保額)を支払ってもらおうという制度が、信託財産留保金制度なのです。この留保額はその後、基準価額や分配金に反映されます。 運用する側から見ても、頻繁に解約されると安定的な運用ができなくなります。信託財産留保金制度は短期売買をできるだけなくし、投資信託の運用を安定させる意味もあります。

信託財産留保額はどのくらいひかれるの?

金額は投資信託によって異なりますが、0.1%~0.5%程度に設定されています。

一般的には0.1%程度の金額が信託財産留保額とされているファンドが多く、また一定以上の期間保有していれば信託財産留保額が0円になるというファンドも多いです。そもそも信託財産留保額がかからない投資信託も多いです。

投資信託を解約したときの信託財産留保額の計算方法は以下の通りです。

「条件」 現在の基準価額=12,000円 元本1口1円(基準価額=1万口あたり) 信託財産留保額(基準価額の0.1%) 個別元本=10,000円 保有する口数=500万口

現在の評価額(1万口あたり)=12,000円 信託財産留保額(1万口あたり)=12,000円×0.1%=12円

信託財産留保額控除後の評価額=11,988円

信託財産留保額額の金額自体はそこまで大きくありませんので、長期投資であればそこまで気にする必要はないでしょう。

おわりに

3回に渡り投資信託にかかる費用(コスト)につえてお伝えしてきました。資産運用する上で、こうしたコストも運用の一部になります。運用のパフォーマンスにも影響がでますので、投資信託を選ぶ際には、投資先や何で運用されているかという内容を確認するのはもちろん、こうした費用(コスト)にも目を向けましょう。

投資信託の『販売手数料』とは? 👉

投資信託の『信託報酬』って何? 👉

#信託財産留保額 #中途解約

0回の閲覧
Neemo_Investment_logo白.jpg

​ライフプラン作成から老後の資産形成まで

​東京、神奈川、埼玉、千葉の首都圏対応

​出張面談致します

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

FP事務所

​ライフプラン作成、確定拠出年金・iDeCo・つみたてNISAなど​アセットアロケーション分析・ポートフォリ組成、​不動産投資

東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、

© Neemo Investoment 2018